セルライトができる仕組みと正体

女性の9割の人に発生してしまうセルライト。セルライトはなぜできてしまうのか?セルライトのできる仕組みを知っておきましょう。

セルライトとは!?

セルライトとはダメージを受けた脂肪細胞

セルライトと言うと、脂肪とは別物と考えている人も多いみたいですが、セルライトも脂肪です。しかし通常脂肪と違い、脂肪細胞がダメージを受けてできた壊れた脂肪細胞の塊なのです。

セルライト

老廃物が脂肪細胞にくっついて肥大化

血行不良などによって血流やリンパ液の流れが悪くなります。これにより循環が悪くなり体内に老廃物などがたまりやすくなります。

脂肪細胞に老廃物がくっつくことで酸素や栄養素がうけとれなくなり、脂肪細胞は代謝できなくなり、老廃物と凝固してしまうのです。これがたまっていくことで皮膚にできるデコボコとなるのです。

セルライトは除去しにくい

代謝しにくくなる

脂肪細胞が肥大化してセルライトとなってしまうと、毛細血管やリンパ管を圧迫してしまいます。これによって老廃物を体外へ排出することができなくなるので、セルライトを代謝させることが難しくなるのです。つまり症状が重くなればなるほど解消しにくくなるので早めのケアが重要なのです。

ダイエットでも除去しにくい

セルライトがやっかいなのは運動などダイエットを行っても除去しにくいことです。ダメージを受けて凝固した脂肪細胞は、正常な脂肪のように運動などで燃焼しないのです。

【セルライトを除去するために】

セルライトは老廃物がくっついて凝固した脂肪細胞と言うことが分かったと思います。

つまりセルライトを除去するためには、まずは硬くなったセルライトを柔らかくする必要があるのです。よってマッサージなどで固まったセルライトをほぐすことで、正常な脂肪のように燃焼させることができるのです。

| トップページ | 一度できると除去しにくい >>

iPhone有効使いこなし術